スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日 佐藤孝弘先生講演『患者様におススメできるこれからの審美補綴』

株式会社シンワ歯研関東支社 営業の船木竜伸です。
3月20日にストローマン・ジャパン研修センターにて開催された、オリーブデンタルハウス佐藤孝弘先生「患者様にオススメできるこれからの審美補綴」に参加させていただきました。

審美補綴について、歯科医師と患者様のやり取りや実際の臨床例などを交えながらお話されました。

講演前半は、患者様とのコミュニケーションの仕方と補綴物のマテリアルについてでした。
「壊れない」「メンテナンスが容易」「トラブルが少ない」ということを前提とした治療がこれからの審美補綴であり、それぞれの患者様の口腔内の状況に合った補綴物を、選択しているとのことでした。

講演後半は、インプラント周囲炎や補綴形態、メンテナンスについてでした。
インプラント周囲炎の原因には、細菌感染、余剰セメント、過重負担、マイクロギャップなどが挙げられます。余剰セメントに着目したとき、ある調査によると、全てのケースで余剰セメントが見られたということが印象的でした。
佐藤先生は、メンテナンスや設計変更のし易さから、全てのケースをスクリューリテインで行っており、余剰セメントが出るところはなるべく歯肉縁上に設定しているとのことでした。

審美補綴ときいてまず思い浮かんだことは、見た目の綺麗さでした。しかし本セミナーを聴講し、これからの審美補綴には、長持ちして周囲の組織と調和する補綴物が求められているのだと感じました。

営業として、より良い補綴物を提供できるよう、技工に関することだけでなく、口腔内の組織やセメントの扱い方やなど実際にチェアサイドで使用されている知識についてもこれから学んでいきたいです。

2016y03m26d_134154264.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。