FC2ブログ

「ジルコニアセミナー~基礎研究から臨床応用まで~に参加して」

クラウン部門の今川です。5月31日に日本歯科大学の上田一彦先生をお招きしてジルコニアセミナーを開催いたしました。
社内セミナーということで、受講していただいた先生方にはセミナー開始前に当社のCAD/CAM室などを見学していただきました。
セミナーではジルコニアの物性や特性についての基礎研究から臨床での経験談など、多岐にわたり講演していただきました。基礎研究ではノリタケカタナジルコニアについて話され、臨床上十分耐えられる強度がある事や多層構造のジルコニアは層での剥離は起こらず層も含めた強度ということでした。また、臨床応用ではジルコニアレイアリングの症例で咬合によるチッピングについて話されました。ジルコニアコーピングでは咬合による力に対してチッピングを起こしてしまうケースもあるが、咬合に合わせてフレーム形態を変えサポート形状にすることでチッピングは防げるとのことです。
今回のセミナーを通してジルコニアの基礎知識と、ケースプレでの臨床応用を学ぶことが出来ました。その知識を元に、日々の臨床で注意点やリスクの予測対策をすることで、よりよい補綴物の製作をしていきたいと思います。

2018y06m08d_162211191.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する