第2回有床義歯学会学術大会

シンワ歯研 義歯部門 佐藤大介

11月23日に東京歯科大学血脇記念ホールにて、第2回有床義歯学会学術大会に参加してきました。第1部は7名の先生方による講演で、総義歯からパーシャルデンチャー、IODに至る幅広い内容で勉強になりました。及川直人技工士による「咬合不安定症例への対処法」では、総義歯治療の要である下顎位について、臼歯部フラットテーブルを用いた治療用義歯と臼歯部解剖学的人工歯を用いた治療用義歯を紹介し、それぞれのメリットとデメリットを述べられていました。臨床で自分も製作することがある治療用義歯について知識を整理でき、参考になりました。

1部の中では、有限会社ウィルデンタルラボの小林貞則技工士による「在宅診療における吸着義歯製作の技工」の講演がありました。
在宅診療における義歯について自社調べのデータを用いて整理し、診療時間、訪問回数、セット時の調整をより少なくするために、歯科医師と歯科技工士の間でどのような情報共有とコミュニケーションが必要なのかを述べられていて、とても勉強になりました。臨床での製作過程やステップも参考になり、在宅医療における義歯の需要の高さを感じました。自分も小林技工士のように技工物に対して考慮や工夫ができる歯科技工士になりたいと思いました。

2部ではカナダでデンチュリストとして活躍されている竹内真人先生による「日本人デンチュリストの提案」という演題の特別講演がありました。
デンチュリストの実情と日本の技術の高さ、そしてなにより竹内真人先生のデンチャーに対する熱い気持ちが伝わる内容でした。

三部は、佐藤勝史先生、亀田行雄先生、阿部二郎先生による新刊書籍の著作講演でした。
いずれも実践的な話で、特に阿部先生の前歯のクリアランスについての話しは、すぐに臨床に活かせる内容でした。

今回の講演を通して得た知識を臨床の技工に落とし込んで、また一つ歯科技工士として成長できるよう行動していきたいです。

S__10862595.jpg

!cid_2B8DF2D6-26AC-4810-89BC-97FD40B42FFD.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する