「スマイルにいがたデンタルフェア2016」「新潟県歯科医学大会」の講演会に参加して

11月6日に朱鷺メッセで開催された「スマイルにいがたデンタルフェア2016」と「新潟県歯科医学大会」の講演会に参加してきました。
参加した講演は
S.J.C.D.インターナショナル会長の山崎長郎先生、
弊社スタッフの五十嵐渉、
矯正専門の歯科技工所を開業されている井沢秀彦先生
去年Wahreit Dental Laboratoriumを設立された中林誠先生です。

山崎先生の「修復治療の新たなる展開」では、機械や材料が進化していく中で、今までより一歩進んだ修復治療という内容でした。
ケースプレの難しい症例では患者さんや技工士、歯科医師とのアプローチの仕方がとても勉強になりました。

五十嵐の「ジルコニアクラウンの現在」は、第1〜第3世代のジルコニアの変化についてや、対合となる歯の磨耗を抑えるジルコニアの仕上げ方などジルコニアを製作する上でとても大事な内容でした。今、ジルコニアの削りを担当している私にとって、大変興味深く、刺激的な講演内容でした。これを期に少しずつでも学んで知識を増やしていこうと思います。

井沢秀彦先生の「orthodontic artwork」は、主に井沢さんが製作された矯正装置などの紹介で、ケースプレの最後に紹介されたセットアップモデルでは限られた条件の中、必要とされてる情報を活かして最適な歯列にさせる内容がすごく印象に残りました。

中林誠先生の「ゴシックアーチで得られる情報をラボサイドで活かすには・・・Gerber Registrationの活用」は、ゴシックアーチで描記された形、長さによって顎の状態を読み取ってどう補綴物へ生かすかを学ぶことができました。
知識は自分を「成長」させるものの1つだと思うので、これからもより良い補綴物を作れるように頑張っていきたいです。
講師の先生方、素晴らしい講演をありがとうございました。

S__49831939.jpg

S__49831940.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する